シミ,メカニズム

アルバニアホワイトニングクリームの口コミ評判は?効果はウソ?!

アルバニアホワイトニングクリームの口コミ評判は?アルバニアホワイトニングクリームの効果はウソなの?口コミを徹底検証、調査してみた

シミができるメカニズムと6つの原因とは?

 

女優さんやモデルさんのようなシミのないきれいな美肌。

憧れますよね。

 

お肌にシミがないだけで、女性は前向きに生きていけます。

シミがあるだけで、年齢より老けて見られることもあり気分が落ち込みますよね。

 

シミといえば「紫外線」が原因と知られていますが、シミの原因は1つではありません。

 

今回はシミができるメカニズムと6つの原因についてお話しします。

 

シミができるメカニズム

シミができるメカニズムは「メラニン」が大きく関係しています。

 

お肌の細胞であるメラニンは、本来はお肌を外敵から守る力があります。

紫外線や菌などから守るバリアの役割です。

 

しかし強い紫外線を浴び続けることで、メラニンが活性化してしまい守る力からシミを作る力に変わっていきます。

 

また、お肌のターンオーバーも大きく影響します。

1番外側の皮膚、表皮は28日のサイクルで肌の生まれ変わりがあります。

 

ターンオーバーが正常に働いていると、表皮の内側から外側に向かって新しい肌細胞が生まれ変わります。

 

内側から外側にどんどん新しい肌細胞が上がってくるので、外側の肌は古い垢として剥がれ落ちます。

 

しかし紫外線やメラニンが活性化することで、ターンオーバーが正常に働けなくなるとシミが排出されず停滞することなります。

 

シミの原因とは

そもそも、シミができる原因はなんでしょうか。

メラニンを活性化させる1番の原因は紫外線です。

 

シミの原因―紫外線

強い太陽の紫外線を浴びてしまうと、お肌を守る力であるメラニンが活性化する原因になります。

 

メラニンが活性化することで、皮膚の色素沈着を作る力が生まれ、シミの原因になります。

 

強力な紫外線は肌細胞を破壊します。

メラニンが活性化して本来の肌を守る力が弱くなっているところに、紫外線の攻撃が加わることで、よく多くの紫外線を吸収してしまいます。

 

吸収された紫外線はメラニンと反応し、色素沈着としてシミになります。

 

シミができる1番の原因は紫外線ですが、他の原因も考えられます。

 

シミの原因―ホルモンバランス

シミの原因の1つが、ホルモンバランスの乱れ。

ストレス社会で生きている中、紫外線のつぎに多い原因の1つです。

 

ホルモンバランスが乱れると、肌細胞のメラニンが活発化されやすくなります。

とくに女性の方は、「生理」「更年期障害」など女性ホルモンが大きく影響しやすいためシミができやすいと言えます。

 

排卵後に増えるホルモン―プロゲステロンというホルモンはメラニンを増やすことが報告されています。

 

更年期障害では女性ホルモンの分泌が過剰になるため、少しの刺激や紫外線に敏感に反応してしまいます。

そのため軽い刺激に対してもシミができやすくなるわけです。

 

シミの原因―スキンケア

美肌を保つため、スキンケアをがんばってされている方も多いですよね。

スキンケアの方法を間違ってしまうとシミの原因になってしまうこともありますよ。

 

洗顔やメイクなどで、お肌に触れる機会が多い中、ゴシゴシとお肌をこすっていませんか。

何度も触れることで、色素沈着としてシミになってしまいます。

 

また、洗浄力や刺激が強いスキンケア商品や化粧品はお肌のバリア機能を低下させる原因にもなります。

 

シミの原因―ニキビ

ニキビを放置してしまうとシミの原因になることがあります。

 

ニキビの炎症はお肌のメラニンを活性化させる原因になります。

炎症がひどいとお肌の奥まで届き、根の深いニキビ跡―色素沈着として残ります。

 

ニキビ跡は時間が経過してもなかなか取れず、シミとして残りやすいです。

 

シミの原因―乾燥

お肌の酸化が進むと乾燥しやすくなります。

乾燥してしまうと、肌細胞の代謝が悪くなり、結果肌のターンオーバーが正常に働かなくなります。

 

ターンオーバーが正常に働かないことで、肌の古い垢が排出されずシミも残ったままになってしまいます。

 

年齢が上がるにつれて乾燥が気になる方は要注意です。

 

シミの原因―生活習慣の乱れ

良質な睡眠と栄養バランスのとれた食事は、からだの内側からシミを予防することができます。

しかし、睡眠不足や偏った食生活を送っているとからだやお肌の代謝がスムーズに働きません。

 

肌細胞のターンオーバーが停滞するため、新しいお肌を生成する機能も衰えます。

ターンオーバーのサイクルが乱れ、シミができやすくなります。

 

シミ対策

シミはできる前に予防することから大切です。

 

紫外線対策

シミの原因であるメラニンを活性化させないためにも、紫外線対策をしっかりしましょう。

 

外出する際は、日焼け止めを塗ることを続けましょう。

夏の暑い日だけではだめです。

 

夏以外にも過ごしやすい春や秋にも強力な紫外線は出ています。

目に見えないからこそ、しっかりとしたケアが必要です。

 

ターンオーバーを整える

紫外線を浴びても、ターンオーバーが正常に働いているとシミができにくくなります。

 

ターンオーバーを整えるためにも、規則正しい生活を送ること。

ストレスフリーの生活はむずかしいかもしれませんが、自分で上手にストレスを発散することでホルモンバランスも乱れません。

 

まとめ

シミのメカニズムを知っていても、完全にシミをシャットアウトすることはむずかしいもの。

 

シミができる原因は1つではありません。

紫外線対策をしながら、生活習慣を整える・正しいスキンケアをすることでシミは予防できます。

 

シミができる原因を取り除いてあげることがシミ予防の近道かもしれませんね。

 

 

 

カテゴリー
最近の投稿