シミ,成分

アルバニアホワイトニングクリームの口コミ評判は?効果はウソ?!

アルバニアホワイトニングクリームの口コミ評判は?アルバニアホワイトニングクリームの効果はウソなの?口コミを徹底検証、調査してみた

シミを予防・シミを消すのに有効な美白成分は?

 

気になる顔のシミ。

 

鏡を見るたびに憂鬱になりますよね。

 

何とかしたいけど、美白化粧品もたくさん種類があり、どれを使えば効果があるのか迷ってしまいます。

 

また、今まで色々な美白化粧品を使ってきたけど、シミに効果はなかった・・・という方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、シミを消す為に有効な成分についてまとめてみました。

 

美白化粧品選びの参考にしてみて下さいね!

 

シミに効果が期待できる美白成分とは?

まず、「美白成分」には、厚生労働省が、効果が期待できると認めている「美白有効成分」があります。

 

これは、医薬部外品・薬用とよばれ、医薬品として効果が認められたものではないが、効果が期待できると認められたもののことを指します。

 

医薬部外品以外にも美白成分は様々な種類があり多くの美白化粧品がありますが、化粧品を選ぶとき、公的な機関が認めているという部分は大きいのではないでしょうか。

 

シミに効果が期待できる、厚生労働省が認めた美白成分をご紹介します。

 

美白有効成分の種類

では、厚生労働省が認めた美白有効成分の種類を見て行きましょう。

 

  • アルブチン
  • m-トラネキサム酸
  • カモミラET
  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス
  • エラグ酸
  • コウジ酸
  • ルシノール
  • ニコチン酸アミド
  • 4MSK
  • リノール酸S
  • マグノリグナン

 

等、約20種類ぐらいの成分があります。

 

こうした美白有効成分はどのようにシミに効くのでしょうか?

 

代表的な美白有効成分の働きを見てみましょう。

 

シミを予防する美白有効成分

まずは、シミを作らないために有効とされる美白成分をご紹介します。

 

m-トラネキサム酸

シミが出来る細胞を活性化させる働きのあるプラスミンという成分の働きを抑えてくれる作用があります。

 

肌荒れにも効果的な成分といわれ、シミを予防しつつ肌荒れを防ぐのにもいい成分です。

 

アルブチン

メラニンの生成を促すチロシナーゼという成分の働きを抑える作用があります。

 

アルブチンは、肌の奥に浸透しにくい成分なので、アルブチンを配合している美白化粧品は、浸透をよくするための工夫をして作られています。

 

カモミラET

メラニンを作るという指令をするエンドセリンという成分の働きを抑え、シミ・そばかすを予防する作用があります。

 

できてしまったシミを緩和する美白有効成分

次に、できてしまったシミを薄くしたり改善するためにいいとされる美白有効成分をご紹介します。

 

ビタミンC誘導体

ビタミンCを改良させた成分の総称で、ビタミンCが浸透しやすくなるように作られている成分です。

 

メラニンの生成を予防するのはもちろん、シミを淡色にしていく美白作用が期待できます。

 

リノール酸S

メラニンの生成を促すチロシナーゼという成分の働きを抑える作用があります。

 

さらに、できてしまったメラニンの排泄を促進する働きがあります。

 

プラセンタエキス

メラニンの生成を予防し、保湿や小じわの改善にも効果的な成分です。

 

シミやそばかすの改善にも作用します。

 

美白有効成分でシミを予防・改善しよう!

いかがでしたか?

 

美白美容成分には様々な種類がありました。

 

今、お持ちの化粧品には含まれていますか?

 

シミを予防するのはもちろん、できてしまったシミの緩和にも有効な美白成分が入った化粧品を使って、シミの悩みを解消しましょう。

 

また、使ってすぐに効果がでるわけではありません。

 

自分の肌にあっているか、根気よく継続的に使うことが大切です!

 

カテゴリー
最近の投稿