シミ,ほくろ,違い

アルバニアホワイトニングクリームの口コミ評判は?効果はウソ?!

アルバニアホワイトニングクリームの口コミ評判は?アルバニアホワイトニングクリームの効果はウソなの?口コミを徹底検証、調査してみた

シミとほくろの違いは?消すことはできるの?

 

顔にできてしまうととっても気になるシミ。

 

また、へんな位置にあるのが気になったり、コンプレックスになったりするほくろ。

 

どちらも気になる存在ですが、シミができるのとほくろができるのに違いはあるのでしょうか?

 

今回は、シミとほくろの違い、気になるシミやほくろは消せるのかを調べてみました!

 

シミとほくろはなぜできるの?

まず、シミはメラニン色素が沈着してできたものをいいます。

 

メラニン色素とは、メラノサイトによって作られますが、本来は新陳代謝によって排泄されていくものです。

 

ですが、年齢が上がってくると新陳代謝のペースは落ちてしまいます。

 

そのため、メラノサイトにより生成されたメラニン色素が皮膚の上に残ってしまうのです。

 

こうしてシミはできます。

 

一方ほくろは、メラノサイトの集合体のことをいいます。

 

医学的には単純黒子、色素性母斑といわれます。

 

メラノサイトが集まりできたほくろは、紫外線をあびるとさらにメラノサイトによりメラニン色素が作られていくので、濃い色になります。

 

ほくろは子供のころにできる先天性のものですが、シミは紫外線などが原因で大人になってできる後天性なものです。

 

ほくろは、思春期ごろに増えたり、濃くなることや大きくなることもあります。

 

そして年齢があがり60代以降になってくると、色が薄くなる傾向があります。

 

これは、色素を作る細胞の働きが低下するためと言われています。

 

シミとほくろの違いは?

メラニン色素の沈着でできるシミとメラノサイトの集合体であるほくろは色が大きく違います。

 

シミに比べてほくろは濃い色をしています。

 

さらに、ほくろには盛り上がったり、表面がざらざらするという特徴がみられる場合があります。

 

また、シミから毛が生えることはないですが、ほくろからは毛が生えることもあります。

 

ほくろは皮膚とほくろの境目がはっきりしているのに対し、シミは皮膚との境目がはっきりしていません。

 

シミやほくろを消すことはできるの?

シミは、大人になって紫外線や加齢が原因でできてしまったもの。

 

正しいスキンケアをして、肌の新陳代謝をよくしていけば、シミを薄くしたり、目立たなくしていくことは可能です。

 

しかしほくろは自然に消えることはないですし、美白化粧品などを使用しても薄くすることはできません。

 

どうしても気になる方は、美容外科や皮膚科でレーザーなどを用いて除去してもらうこともできます。

 

よくシミがほくろになると聞きますが、シミはほくろにはなりません。

 

気になるシミはセルフケアで改善できる?

シミは改善日々のセルフケアで薄くしたり目立たないように改善していくことができます。

 

そのためには、使用する化粧品を見直して、美白有効成分を含むものを使用しましょう。

 

また、食生活などの生活習慣を改善し、肌の新陳代謝を正常化させることも大切です。

 

さらに、日頃から外出の際には日傘をさしたり、日焼け止めを使用するなどして紫外線を浴びないようしましょう。

 

カテゴリー
最近の投稿