シミ,日焼け

アルバニアホワイトニングクリームの口コミ評判は?効果はウソ?!

アルバニアホワイトニングクリームの口コミ評判は?アルバニアホワイトニングクリームの効果はウソなの?口コミを徹底検証、調査してみた

日焼けでできたシミを改善する7つの方法

 

日焼けを重ねると、シミが数年後にできてしまうことも。

茶色く残るシミは目に入るたび、気分が沈みますよね。

 

外での部活や仕事、海水浴などの日焼けでできたシミはなかなか消せないと聞きます。

しかし正しいケアを続けることで、改善することもできるようです。

 

日焼けでできてしまったシミの改善方法をご紹介しますね。

 

シミができるメカニズム

日焼けによるシミができる原因は「紫外線」です。

 

紫外線を浴びると皮膚のバリア機能である1番外側の皮膚―表皮が守ってくれます。

 

表皮にはメラニンという細胞があり、紫外線によるシミをできにくくする働きがあります。

しかし紫外線を浴び続けることで、本来皮膚を守るメラニンが異常に活性化してしまいます。

 

メラニンは活性化することでお肌の色素沈着となり、シミとして残るわけです。

シミができるメカニズムは、必要以上に紫外線を浴び続けることが原因なのです。

 

正常なお肌だと、日焼けしたシミでもお肌の「ターンオーバー」のサイクルでシミが解消されることがほとんどです。

 

ターンオーバーとは28日のサイクルでお肌が生まれ変わることを言います。

お肌の内側から外側に向かって新しい肌細胞ができるので、外側の皮膚は垢として排出されます。

 

排出されるとき、お肌にできたシミも垢として排出されるのです。

 

しかしターンオーバーも日焼けによる紫外線の影響で正常に働かない場合があります。

ターンオーバーのサイクルがうまくいかず、いつまでもシミがお肌に残るわけです。

 

お肌にできたシミは、お肌の外側の対策と内側の対策が必要と言えますね。

 

日焼けしたお肌への対処法

日焼け防止をしていても、うっかり日焼けをしてしまったことありますよね。

 

日焼けしてしまったときのお肌への対処方法をご紹介します。

対処が早ければ早いほど、シミが解消しやすいですよ。

 

◎お肌を刺激しない

日焼けは一種のヤケドと一緒の状態です。

日焼けしたお肌を刺激しないようにしましょう。

 

入浴で熱い湯に入る、ゴシゴシお肌をこすることは避けましょうね。

 

普段使っている化粧品やクリームも刺激の少ないものを選びましょう。

 

お肌を冷やす

最も効果的な方法が日焼けしたお肌を冷やすこと。

日焼けはお肌が熱を持っているので、まずは熱を鎮めましょう。

 

氷を入れたビニール袋をタオルで巻いて、日焼けした部分にあてるだけで十分効果的です。

 

水分を取る

からだの水分補給も大切ですが、お肌への水分もいつも以上に摂るようにしましょう。

 

刺激の少ない化粧水・乳液で潤いを十分に与えてください。

お肌への水分補給をすることで、日焼けによる熱を鎮静させる効果が高まります。

 

時間がない方はシートマスクを利用してみてはいかが。

化粧水をたっぷりしみこませたシートマスクは、顔にパックするだけなので簡単にケアできます。

 

栄養補給

日焼けをしてしまったお肌にはからだの内側から栄養補給をしてあげましょう。

 

バランスのとれた食事にビタミンCを意識した食事を取りいれてみましょう。

 

ビタミンCは紫外線によるメラニンの活性化を抑える働きがるので、日焼けしたお肌にはとっても効果的です。

 

ビタミンCが多い食べものは、柑橘系の果物(オレンジ・グレープフルーツ・柚子)、柿やトマトなどです。

 

ビタミンCは熱に弱い性質のため、ジュースや生で摂取することをおすすめします。

 

できてしまったシミを改善する方法

ケアをがんばってしていても、シミができちゃうことありますよね。

できてしまったシミが改善する方法をご紹介します。

 

美白美容のスキンケアを使う

シミを悪化させない・濃くしないためには美白美容成分が入った化粧水・乳液がおすすめです。

  • ハイドロキノン:ターンオーバーを促進する働きがある
  • プラセンタ:美白・保湿の効果が高い
  • ビタミンC誘導体:肌の奥まで浸透しやすい、メラニン抑制効果がある

 

とくに3つの美白成分が入ったスキンケア商品が日焼けでできたシミに効果が高いですよ。

 

バランスのとれた栄養補給

バランスのとれた栄養を摂りいれて、シミ対策に効果的な食材をプラスしてみましょう。

 

抗酸化力のある食材は日焼けでできたシミに効果的です。

ビタミンC:柑橘系の果物に多い

ビタミンA:緑黄色野菜・バター・チーズに多い

ビタミンE:魚介類・アーモンドなどのナッツ類に多い

 

抗酸化力とはアイチエイジング効果が高く、お肌の老化を防ぐことが期待できます。

日焼けでできてしまったシミには抗酸化力の高い食品を積極的に摂りいれて、お肌をキレイに保ちましょう。

 

十分な休息

日焼けでできてしまったシミを早く解消するためにはお肌のターンオーバーを正常に保つ必要があります。

 

ターンオーバーはストレスや刺激にとっても影響されやすいです。

 

ターンオーバーを正常に保つためには、十分な睡眠をとるようにしましょう。

ゆっくり湯船につかるだけでもリラックス効果があるので、ターンオーバーを正常に導く効果があります。

 

ストレスを上手に解消して、からだを十分休息させることがお肌のシミ対処法に繋がります。

 

まとめ

日焼けするに越したことはないですが、日常生活ではなかなか難しい時もありますよね。

日焼けのよるシミはからだの内側と外側のアプローチで解消することもできます。

 

日焼けによるお肌のダメージを守るためには、正しい改善方法を続けることが大切です。

 

カテゴリー
最近の投稿