アルバニアホワイトニングクリーム

アルバニアホワイトニングクリームの口コミ評判は?効果はウソ?!

アルバニアホワイトニングクリームの口コミ評判は?アルバニアホワイトニングクリームの効果はウソなの?口コミを徹底検証、調査してみた

日焼けでできたシミを改善する7つの方法

 

日焼けを重ねると、シミが数年後にできてしまうことも。

茶色く残るシミは目に入るたび、気分が沈みますよね。

 

外での部活や仕事、海水浴などの日焼けでできたシミはなかなか消せないと聞きます。

しかし正しいケアを続けることで、改善することもできるようです。

 

日焼けでできてしまったシミの改善方法をご紹介しますね。

 

シミができるメカニズム

日焼けによるシミができる原因は「紫外線」です。

 

紫外線を浴びると皮膚のバリア機能である1番外側の皮膚―表皮が守ってくれます。

 

表皮にはメラニンという細胞があり、紫外線によるシミをできにくくする働きがあります。

しかし紫外線を浴び続けることで、本来皮膚を守るメラニンが異常に活性化してしまいます。

 

メラニンは活性化することでお肌の色素沈着となり、シミとして残るわけです。

シミができるメカニズムは、必要以上に紫外線を浴び続けることが原因なのです。

 

正常なお肌だと、日焼けしたシミでもお肌の「ターンオーバー」のサイクルでシミが解消されることがほとんどです。

 

ターンオーバーとは28日のサイクルでお肌が生まれ変わることを言います。

お肌の内側から外側に向かって新しい肌細胞ができるので、外側の皮膚は垢として排出されます。

 

排出されるとき、お肌にできたシミも垢として排出されるのです。

 

しかしターンオーバーも日焼けによる紫外線の影響で正常に働かない場合があります。

ターンオーバーのサイクルがうまくいかず、いつまでもシミがお肌に残るわけです。

 

お肌にできたシミは、お肌の外側の対策と内側の対策が必要と言えますね。

 

日焼けしたお肌への対処法

日焼け防止をしていても、うっかり日焼けをしてしまったことありますよね。

 

日焼けしてしまったときのお肌への対処方法をご紹介します。

対処が早ければ早いほど、シミが解消しやすいですよ。

 

◎お肌を刺激しない

日焼けは一種のヤケドと一緒の状態です。

日焼けしたお肌を刺激しないようにしましょう。

 

入浴で熱い湯に入る、ゴシゴシお肌をこすることは避けましょうね。

 

普段使っている化粧品やクリームも刺激の少ないものを選びましょう。

 

お肌を冷やす

最も効果的な方法が日焼けしたお肌を冷やすこと。

日焼けはお肌が熱を持っているので、まずは熱を鎮めましょう。

 

氷を入れたビニール袋をタオルで巻いて、日焼けした部分にあてるだけで十分効果的です。

 

水分を取る

からだの水分補給も大切ですが、お肌への水分もいつも以上に摂るようにしましょう。

 

刺激の少ない化粧水・乳液で潤いを十分に与えてください。

お肌への水分補給をすることで、日焼けによる熱を鎮静させる効果が高まります。

 

時間がない方はシートマスクを利用してみてはいかが。

化粧水をたっぷりしみこませたシートマスクは、顔にパックするだけなので簡単にケアできます。

 

栄養補給

日焼けをしてしまったお肌にはからだの内側から栄養補給をしてあげましょう。

 

バランスのとれた食事にビタミンCを意識した食事を取りいれてみましょう。

 

ビタミンCは紫外線によるメラニンの活性化を抑える働きがるので、日焼けしたお肌にはとっても効果的です。

 

ビタミンCが多い食べものは、柑橘系の果物(オレンジ・グレープフルーツ・柚子)、柿やトマトなどです。

 

ビタミンCは熱に弱い性質のため、ジュースや生で摂取することをおすすめします。

 

できてしまったシミを改善する方法

ケアをがんばってしていても、シミができちゃうことありますよね。

できてしまったシミが改善する方法をご紹介します。

 

美白美容のスキンケアを使う

シミを悪化させない・濃くしないためには美白美容成分が入った化粧水・乳液がおすすめです。

  • ハイドロキノン:ターンオーバーを促進する働きがある
  • プラセンタ:美白・保湿の効果が高い
  • ビタミンC誘導体:肌の奥まで浸透しやすい、メラニン抑制効果がある

 

とくに3つの美白成分が入ったスキンケア商品が日焼けでできたシミに効果が高いですよ。

 

バランスのとれた栄養補給

バランスのとれた栄養を摂りいれて、シミ対策に効果的な食材をプラスしてみましょう。

 

抗酸化力のある食材は日焼けでできたシミに効果的です。

ビタミンC:柑橘系の果物に多い

ビタミンA:緑黄色野菜・バター・チーズに多い

ビタミンE:魚介類・アーモンドなどのナッツ類に多い

 

抗酸化力とはアイチエイジング効果が高く、お肌の老化を防ぐことが期待できます。

日焼けでできてしまったシミには抗酸化力の高い食品を積極的に摂りいれて、お肌をキレイに保ちましょう。

 

十分な休息

日焼けでできてしまったシミを早く解消するためにはお肌のターンオーバーを正常に保つ必要があります。

 

ターンオーバーはストレスや刺激にとっても影響されやすいです。

 

ターンオーバーを正常に保つためには、十分な睡眠をとるようにしましょう。

ゆっくり湯船につかるだけでもリラックス効果があるので、ターンオーバーを正常に導く効果があります。

 

ストレスを上手に解消して、からだを十分休息させることがお肌のシミ対処法に繋がります。

 

まとめ

日焼けするに越したことはないですが、日常生活ではなかなか難しい時もありますよね。

日焼けのよるシミはからだの内側と外側のアプローチで解消することもできます。

 

日焼けによるお肌のダメージを守るためには、正しい改善方法を続けることが大切です。

シミができるメカニズムと6つの原因とは?

 

女優さんやモデルさんのようなシミのないきれいな美肌。

憧れますよね。

 

お肌にシミがないだけで、女性は前向きに生きていけます。

シミがあるだけで、年齢より老けて見られることもあり気分が落ち込みますよね。

 

シミといえば「紫外線」が原因と知られていますが、シミの原因は1つではありません。

 

今回はシミができるメカニズムと6つの原因についてお話しします。

 

シミができるメカニズム

シミができるメカニズムは「メラニン」が大きく関係しています。

 

お肌の細胞であるメラニンは、本来はお肌を外敵から守る力があります。

紫外線や菌などから守るバリアの役割です。

 

しかし強い紫外線を浴び続けることで、メラニンが活性化してしまい守る力からシミを作る力に変わっていきます。

 

また、お肌のターンオーバーも大きく影響します。

1番外側の皮膚、表皮は28日のサイクルで肌の生まれ変わりがあります。

 

ターンオーバーが正常に働いていると、表皮の内側から外側に向かって新しい肌細胞が生まれ変わります。

 

内側から外側にどんどん新しい肌細胞が上がってくるので、外側の肌は古い垢として剥がれ落ちます。

 

しかし紫外線やメラニンが活性化することで、ターンオーバーが正常に働けなくなるとシミが排出されず停滞することなります。

 

シミの原因とは

そもそも、シミができる原因はなんでしょうか。

メラニンを活性化させる1番の原因は紫外線です。

 

シミの原因―紫外線

強い太陽の紫外線を浴びてしまうと、お肌を守る力であるメラニンが活性化する原因になります。

 

メラニンが活性化することで、皮膚の色素沈着を作る力が生まれ、シミの原因になります。

 

強力な紫外線は肌細胞を破壊します。

メラニンが活性化して本来の肌を守る力が弱くなっているところに、紫外線の攻撃が加わることで、よく多くの紫外線を吸収してしまいます。

 

吸収された紫外線はメラニンと反応し、色素沈着としてシミになります。

 

シミができる1番の原因は紫外線ですが、他の原因も考えられます。

 

シミの原因―ホルモンバランス

シミの原因の1つが、ホルモンバランスの乱れ。

ストレス社会で生きている中、紫外線のつぎに多い原因の1つです。

 

ホルモンバランスが乱れると、肌細胞のメラニンが活発化されやすくなります。

とくに女性の方は、「生理」「更年期障害」など女性ホルモンが大きく影響しやすいためシミができやすいと言えます。

 

排卵後に増えるホルモン―プロゲステロンというホルモンはメラニンを増やすことが報告されています。

 

更年期障害では女性ホルモンの分泌が過剰になるため、少しの刺激や紫外線に敏感に反応してしまいます。

そのため軽い刺激に対してもシミができやすくなるわけです。

 

シミの原因―スキンケア

美肌を保つため、スキンケアをがんばってされている方も多いですよね。

スキンケアの方法を間違ってしまうとシミの原因になってしまうこともありますよ。

 

洗顔やメイクなどで、お肌に触れる機会が多い中、ゴシゴシとお肌をこすっていませんか。

何度も触れることで、色素沈着としてシミになってしまいます。

 

また、洗浄力や刺激が強いスキンケア商品や化粧品はお肌のバリア機能を低下させる原因にもなります。

 

シミの原因―ニキビ

ニキビを放置してしまうとシミの原因になることがあります。

 

ニキビの炎症はお肌のメラニンを活性化させる原因になります。

炎症がひどいとお肌の奥まで届き、根の深いニキビ跡―色素沈着として残ります。

 

ニキビ跡は時間が経過してもなかなか取れず、シミとして残りやすいです。

 

シミの原因―乾燥

お肌の酸化が進むと乾燥しやすくなります。

乾燥してしまうと、肌細胞の代謝が悪くなり、結果肌のターンオーバーが正常に働かなくなります。

 

ターンオーバーが正常に働かないことで、肌の古い垢が排出されずシミも残ったままになってしまいます。

 

年齢が上がるにつれて乾燥が気になる方は要注意です。

 

シミの原因―生活習慣の乱れ

良質な睡眠と栄養バランスのとれた食事は、からだの内側からシミを予防することができます。

しかし、睡眠不足や偏った食生活を送っているとからだやお肌の代謝がスムーズに働きません。

 

肌細胞のターンオーバーが停滞するため、新しいお肌を生成する機能も衰えます。

ターンオーバーのサイクルが乱れ、シミができやすくなります。

 

シミ対策

シミはできる前に予防することから大切です。

 

紫外線対策

シミの原因であるメラニンを活性化させないためにも、紫外線対策をしっかりしましょう。

 

外出する際は、日焼け止めを塗ることを続けましょう。

夏の暑い日だけではだめです。

 

夏以外にも過ごしやすい春や秋にも強力な紫外線は出ています。

目に見えないからこそ、しっかりとしたケアが必要です。

 

ターンオーバーを整える

紫外線を浴びても、ターンオーバーが正常に働いているとシミができにくくなります。

 

ターンオーバーを整えるためにも、規則正しい生活を送ること。

ストレスフリーの生活はむずかしいかもしれませんが、自分で上手にストレスを発散することでホルモンバランスも乱れません。

 

まとめ

シミのメカニズムを知っていても、完全にシミをシャットアウトすることはむずかしいもの。

 

シミができる原因は1つではありません。

紫外線対策をしながら、生活習慣を整える・正しいスキンケアをすることでシミは予防できます。

 

シミができる原因を取り除いてあげることがシミ予防の近道かもしれませんね。

 

 

シミとほくろの違いは?消すことはできるの?

 

顔にできてしまうととっても気になるシミ。

 

また、へんな位置にあるのが気になったり、コンプレックスになったりするほくろ。

 

どちらも気になる存在ですが、シミができるのとほくろができるのに違いはあるのでしょうか?

 

今回は、シミとほくろの違い、気になるシミやほくろは消せるのかを調べてみました!

 

シミとほくろはなぜできるの?

まず、シミはメラニン色素が沈着してできたものをいいます。

 

メラニン色素とは、メラノサイトによって作られますが、本来は新陳代謝によって排泄されていくものです。

 

ですが、年齢が上がってくると新陳代謝のペースは落ちてしまいます。

 

そのため、メラノサイトにより生成されたメラニン色素が皮膚の上に残ってしまうのです。

 

こうしてシミはできます。

 

一方ほくろは、メラノサイトの集合体のことをいいます。

 

医学的には単純黒子、色素性母斑といわれます。

 

メラノサイトが集まりできたほくろは、紫外線をあびるとさらにメラノサイトによりメラニン色素が作られていくので、濃い色になります。

 

ほくろは子供のころにできる先天性のものですが、シミは紫外線などが原因で大人になってできる後天性なものです。

 

ほくろは、思春期ごろに増えたり、濃くなることや大きくなることもあります。

 

そして年齢があがり60代以降になってくると、色が薄くなる傾向があります。

 

これは、色素を作る細胞の働きが低下するためと言われています。

 

シミとほくろの違いは?

メラニン色素の沈着でできるシミとメラノサイトの集合体であるほくろは色が大きく違います。

 

シミに比べてほくろは濃い色をしています。

 

さらに、ほくろには盛り上がったり、表面がざらざらするという特徴がみられる場合があります。

 

また、シミから毛が生えることはないですが、ほくろからは毛が生えることもあります。

 

ほくろは皮膚とほくろの境目がはっきりしているのに対し、シミは皮膚との境目がはっきりしていません。

 

シミやほくろを消すことはできるの?

シミは、大人になって紫外線や加齢が原因でできてしまったもの。

 

正しいスキンケアをして、肌の新陳代謝をよくしていけば、シミを薄くしたり、目立たなくしていくことは可能です。

 

しかしほくろは自然に消えることはないですし、美白化粧品などを使用しても薄くすることはできません。

 

どうしても気になる方は、美容外科や皮膚科でレーザーなどを用いて除去してもらうこともできます。

 

よくシミがほくろになると聞きますが、シミはほくろにはなりません。

 

気になるシミはセルフケアで改善できる?

シミは改善日々のセルフケアで薄くしたり目立たないように改善していくことができます。

 

そのためには、使用する化粧品を見直して、美白有効成分を含むものを使用しましょう。

 

また、食生活などの生活習慣を改善し、肌の新陳代謝を正常化させることも大切です。

 

さらに、日頃から外出の際には日傘をさしたり、日焼け止めを使用するなどして紫外線を浴びないようしましょう。

シミを予防・改善するのにおすすめの飲み物3つ!

 

紫外線でシミが増えてしまうのではと日々心配ではありませんか?

 

また、できてしまったシミはどうしようもないとあきらめていませんか?

 

美白化粧品を使ってるけど、いまいち効果が感じられない・・・

 

シミにいいとされる食べ物を摂り入れるのが大変・・・

 

そんな方々のために、今回は体の内側からシミの改善・予防ができる手軽な飲み物についてまとめてみました!

 

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

緑茶

緑茶はのカテキンには、強い抗酸化作用があります。

 

また、緑茶に含まれるフラボノイドには、ビタミンCの働きを助ける作用があるので、シミの予防に効果的です。

 

緑茶は多くの商品が販売され、食事にも合うので飲みやすく摂り入れやすいですよね。

 

普段の飲み物を緑茶に変えてみるのはいかがでしょうか?

 

トマトジュース

トマトに含まれるリコピンは、抗酸化作用が強く、紫外線による肌のダメージを修復し、メラニンが生成されるのを抑える働きがあります。

 

紫外線を浴びる前の朝に飲むのがおすすめです!

 

シミを改善するのにおすすめの飲み物③ アセロラジュース

アセロラには、ビタミンCはもちろん、ポリフェノールのアントシアニンも含まれています。

 

抗酸化作用が強く、メラニンの生成を抑えシミを予防することができます。

 

また、アセロラは美肌に欠かせないコラーゲンの生成をサポートする効果や、ニキビ予防にも効果的なので、肌のためにとてもいい食材です。

 

ジュースなら手軽に毎日飲めるのもいいですね。

 

ルイボスティー

ルイボスティーは、ポリフェノールやフラボノイドが多く含まれています。

 

そのため、強い抗酸化作用があります。

 

また、ポリフェノールやフラボノイドには活性酸素を取り除く作用があるので、メラニン色素が作られるときに活性酸素が働きますが、それを阻止してくれるのです。

 

柑橘系の飲み物はおすすめできない!?

やはり、美肌、特にシミ予防ともなると一番に思いつくのはビタミンCですよね。

 

ビタミンCといえばレモンなどの柑橘系です。

 

レモンやブレープフルーツなどのジュースがシミには効果的だと思いますよね。

 

でも実は、柑橘系の果物には「ソラレン」という光毒性物質が含まれているのです。

 

ソラレンは、なんと紫外線の感受性を高めてしまいます!

 

そのため紫外線を吸収しやすく日焼けを悪化させてしまうのです。

 

意外ですよね。

 

しかし、光毒性物質は摂取してから2時間がピークなので、摂取後に紫外線を浴びなければ問題ありません。

 

夜など日を浴びない時間帯に摂取すれば大丈夫です。

 

手軽に飲み物でシミ対策しよう!

シミに効果的な飲み物を3つ紹介しました。

 

抗酸化作用の強いリコピンやポリフェノール、フラボノイドなどを含むものが効果的であることがわかりました。

 

どれも手軽に買える飲み物なので、ぜひシミ対策に摂り入れてみて下さい!

 

シミを予防・シミを消すのに有効な美白成分は?

 

気になる顔のシミ。

 

鏡を見るたびに憂鬱になりますよね。

 

何とかしたいけど、美白化粧品もたくさん種類があり、どれを使えば効果があるのか迷ってしまいます。

 

また、今まで色々な美白化粧品を使ってきたけど、シミに効果はなかった・・・という方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、シミを消す為に有効な成分についてまとめてみました。

 

美白化粧品選びの参考にしてみて下さいね!

 

シミに効果が期待できる美白成分とは?

まず、「美白成分」には、厚生労働省が、効果が期待できると認めている「美白有効成分」があります。

 

これは、医薬部外品・薬用とよばれ、医薬品として効果が認められたものではないが、効果が期待できると認められたもののことを指します。

 

医薬部外品以外にも美白成分は様々な種類があり多くの美白化粧品がありますが、化粧品を選ぶとき、公的な機関が認めているという部分は大きいのではないでしょうか。

 

シミに効果が期待できる、厚生労働省が認めた美白成分をご紹介します。

 

美白有効成分の種類

では、厚生労働省が認めた美白有効成分の種類を見て行きましょう。

 

  • アルブチン
  • m-トラネキサム酸
  • カモミラET
  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス
  • エラグ酸
  • コウジ酸
  • ルシノール
  • ニコチン酸アミド
  • 4MSK
  • リノール酸S
  • マグノリグナン

 

等、約20種類ぐらいの成分があります。

 

こうした美白有効成分はどのようにシミに効くのでしょうか?

 

代表的な美白有効成分の働きを見てみましょう。

 

シミを予防する美白有効成分

まずは、シミを作らないために有効とされる美白成分をご紹介します。

 

m-トラネキサム酸

シミが出来る細胞を活性化させる働きのあるプラスミンという成分の働きを抑えてくれる作用があります。

 

肌荒れにも効果的な成分といわれ、シミを予防しつつ肌荒れを防ぐのにもいい成分です。

 

アルブチン

メラニンの生成を促すチロシナーゼという成分の働きを抑える作用があります。

 

アルブチンは、肌の奥に浸透しにくい成分なので、アルブチンを配合している美白化粧品は、浸透をよくするための工夫をして作られています。

 

カモミラET

メラニンを作るという指令をするエンドセリンという成分の働きを抑え、シミ・そばかすを予防する作用があります。

 

できてしまったシミを緩和する美白有効成分

次に、できてしまったシミを薄くしたり改善するためにいいとされる美白有効成分をご紹介します。

 

ビタミンC誘導体

ビタミンCを改良させた成分の総称で、ビタミンCが浸透しやすくなるように作られている成分です。

 

メラニンの生成を予防するのはもちろん、シミを淡色にしていく美白作用が期待できます。

 

リノール酸S

メラニンの生成を促すチロシナーゼという成分の働きを抑える作用があります。

 

さらに、できてしまったメラニンの排泄を促進する働きがあります。

 

プラセンタエキス

メラニンの生成を予防し、保湿や小じわの改善にも効果的な成分です。

 

シミやそばかすの改善にも作用します。

 

美白有効成分でシミを予防・改善しよう!

いかがでしたか?

 

美白美容成分には様々な種類がありました。

 

今、お持ちの化粧品には含まれていますか?

 

シミを予防するのはもちろん、できてしまったシミの緩和にも有効な美白成分が入った化粧品を使って、シミの悩みを解消しましょう。

 

また、使ってすぐに効果がでるわけではありません。

 

自分の肌にあっているか、根気よく継続的に使うことが大切です!

カテゴリー
最近の投稿